風邪を引いた時はお風呂に入っても良い?入ってはダメ?シャワーは?


寒くなると風邪を引きやすくなやりますが
風邪を引いたとき、お風呂に入って良いのか悩みますよね。
今回は風邪を引いたときのお風呂について書いていきます。


風邪を引いた時はお風呂にはいっても良い?

風邪を引くと、喉はおかしいし、鼻水も出て、普段と比べてあまり調子が上がらないですよね。
普段は毎日入るお風呂も入っていいのか悩んだりすると思います。

風邪の時にお風呂に入るのがダメといわれていたのは昔の話で、
熱がほとんどなく、喉がおかしかったり、鼻水が出たりする程度であれば
お風呂に入るのは悪いことでではありません。

むしろ、症状が軽い場合はお風呂に入ることで体温も上がり、湿度も高く、体には良いです。
よく汗をかいたら風邪が治ったと聞きますが、それは体に良い体温を維持し続けることで汗が出ているためです。

体温が低いと免疫力も低下しますが、体温が1度上がると免疫力は10倍上がるといわれています。
このように平熱や37.5度ぐらいの微熱のような風邪の引き始めなどではお風呂は体にとって良いのです。

お風呂に入って体が温まったら、湯冷めしないようにしてください。
湯冷めすることで体温が低下するので逆効果になりますので注意してくださいね。

また、入り方にも注意が必要です。
シャンプーなどはよほどのことがない限り湯冷めしやすいので避けた方が良いです。

お風呂は41度ぐらいで10~20分くらい入ってササッと湯冷めしないうちに身体を拭きましょう。

風邪を引いた時はお風呂にはいってはダメ?

風邪の時も基本的にお風呂に入っても良いですが、ダメなときもあります。

体力が限界に近い時や38度以上の熱があるとき、頭痛がするときなどです。
動く体力さえほとんどないときはお風呂の中で眠ってしまう危険がありますし、
熱が38度以上あるときはすでに身体が抵抗して戦っているので、これ以上体温を上げるのは良くないので入らないようにしてください。

頭痛がするときも、良くないので安静にして頭痛が収まってからにするのが良いです。

風邪の時にお風呂に入って良い時とダメなときを書きましたが、なぜ昔は風邪の時はお風呂に入ってはダメだったのかというと
湯冷めがあるからです。

昔は現代と違ってお風呂が屋外で離れていたり、お風呂自体がなく銭湯に通っていたなどで湯冷めしやすい環境だったということが考えられます。
お風呂に入って暖まったのに、外を歩くなんて寒そうですよね。
このようなイメージがあるので風邪の時はお風呂はダメなんていわれていました。


風邪を引いた時のシャワーは?

一人暮らしをしているなどで普段はシャワーですます人もいますが、風邪の時のシャワーはどうでしょうか?

風邪の時はシャワーより、お風呂の方が良いです。
シャワーですと、深部までなかなか暖まらないのでお風呂に入れるなら、お風呂の方が良いです。

ですが、シャワーですまさないといけないときもあると思います。
そんなときは、ぬるめの温度でササッと流して素早く洗い、サッと流して素早く拭いて布団で入って湯冷めに注意してください。

大事なのは湯冷めなどの体温の低下を防ぐことです。
夜でも朝でもシャワーは良いですが、寒いのは夜より朝なので、夜にシャワーを浴びてすぐに布団に入って寝るのがシャワーだとベストです。

まとめ

風邪の時のお風呂は体調が良いときは湯冷めしないように入ると湿度もあって体温も上がり身体に良いです。
逆に38度以上の熱があるなど体調が良くないときは入らないようにしてください。

シャワーよりもお風呂ですが、シャワーしかないときは、湯冷めにはよく注意して浴びてください。
浴びたらすぐに布団に入って暖かくして寝てください。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card