アイスコーヒーは日本だけ?英語では何?注文方法は?

コーヒーを飲む人はたくさんいると思います。
私もよく飲みます。
コーヒーは世界共通の飲み物ですよね。

夏によく飲まれるコーヒーがアイスコーヒーです。
そんなアイスコーヒーについて今日は書いていきます。
icb


アイスコーヒーは日本だけ?

コーヒーは日本だけではなく世界でもよく飲まれていますが
アイスコーヒーは実は日本が発祥といわれています。

アメリカなどの海外では基本的に火を通さない調理方法は
危険なので基本的に火を通して食べ物や飲み物を作ります。

そのような環境なのでコーヒーも冷やして飲む方法はありませんでした。

日本では食品に対する鮮度が高いので
生で食べるものが多くあります。

生卵や刺身といった海外では火を通さないと危険なものも
日本だと生で食べられるんですね。

そのような環境だからこそ、コーヒーを冷やして飲む方法が出てきたと考えられています。

アイスコーヒーという言葉自体が和製なのですね。

アイスコーヒーは英語では何?

アイスコーヒーを英語に直すとice coffeeですが
このまま外国人に話すと通じる人と通じない人がいます。

アイスコーヒーという言葉自体が英語圏に逆輸入されたようになり、
通じる人と通じない人がいるのです。
そのため、確実に伝えるには不十分です。

英語圏ではアイスはアイスクリームを意味するので

通じない人にはアイスクリームとコーヒーといった感じに受け取るでしょう。

正確に伝えるにはiced coffeeと言う必要があります。
直訳すると冷やしたコーヒーです。


アイスコーヒーを英語で注文するときは?

海外に旅行などで行ったときに
アイスコーヒーが飲みたくなったときどのように注文したらいいのでしょう?

can i have one iced coffee please?といいましょう。
キャン アイ ハブ ワン アイスドゥ コーフィー プリーズ

注文はこれでいいのですが出てきたアイスコーヒーをみて驚くかもしれません。

日本で出てくるアイスコーヒーとは違いますから。
海外ではホットコーヒーを氷の入ったグラスに注ぐこともありますし
パフェのような下にコーヒーで上にアイスクリームが
乗っているのが出てきたりします。

blog_import_544bea107108f

良くてもホットコーヒーを氷入りグラスに入れてるだけですので
日本のようなしっかりと調節された濃さの
コーヒーは出てこないと思ってください。

スターバックスなどでは日本にもあるので
良いものが出てくるかもしれません。

まとめ

アイスコーヒーは日本特有の飲み物と言うことです。

海外ではなじみのアイスコーヒーは
飲めないと考えておいたほうが無難です。

どんなものが出てくるのか知りたい時は挑戦してみてください。

新しい発見がきっとありますよ。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card