日焼け止めは一年中必要!下地の塗る順番は?下地が日焼け止め

毎年、日差しが気になる頃になると
気になる日焼けですが日焼け止めを使うことで
紫外線を防ぐことができるのは知っていますよね。

実は日焼け止めは年中使っておいた方が
肌には良いんですよ。


焼け止めは一年中必要!

日焼け止めは夏の季節と日差しが強い日だけ
使っていれば良いと思うかもしれません。

見た目だけの日焼けはそれで十分かもしれません。

実際には冬でも紫外線が降り注いでいるので
日焼け止めを使って紫外線をブロックしないと
老化に対する効果はあまり上がらないんです。

ある実験で1日1回以上SPF15以上の日焼け止めを使うグループと
使わないグループを比べると肌に現れる老化のサインが24%も
使ったグループの方が少なかったそうです。

また、約4年間毎日使用していた人は
4年前と比べても目立った老化現象は
見受けられなかったそうです。

この実験からわかるように
紫外線は毎日いつでも降り注いでいて
ブロックしないと肌の老化がさらに進んでしまいます。

年齢を重ねても若い頃の肌を維持するためには
毎日日焼け止めを使わないとダメなんですね。

日焼け止めと化粧下地の塗る順番は?

化粧下地と日焼け止めはどちらを先に塗ればいいのでしょうか?
基本的に日焼け止めから塗ることです。

日焼け止めは紫外線をブロックすることが
役目なのでムラなく塗る必要があります。
その後に下地になります。
こうすることで紫外線が通りにくくもなります。

粉タイプなどの質感がの重たい日焼け止めは
下地やファンデーションの後に使用した方が良いものも
ありますので製品によって使い分ける必要があります。


化粧下地が日焼け止め

化粧下地には特殊な効果を持つものがあります。
美容成分を持ったスキンケア効果のあるものや
皮脂によるテカリや化粧崩れを防止する機能などです。

このような特殊機能を持つ下地を使う場合は
下地効果のある日焼け止めを使う必要があります。

肌に関わる機能がある下地を日焼け止めの後に使っても
日焼け止めが邪魔をするので効果は現れませんよね。

ですので、下地効果のある日焼け止めを使うことが大事です。

まとめ

日焼け止めは肌の老化を防ぐためには毎日必要です。

基本的に日焼け止めは下地の前に使い、紫外線をブロックしましょう。

特殊機能のある下地は下地効果のある日焼け止めを使ってから
使ってください。

年齢を重ねても肌を綺麗に保つためには
紫外線から肌を守ることが重要です。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card