日焼け止めで男が女性用を使うのはあり?違いは?落とし方は?

最近は美容に気を遣う男の人も増えてきました。
特に日焼け止めは使う人も増えましたが、
男性用のものはまだあまり種類がありません。

そこで今回は男が日焼け止めを使うことに
関して書いていきます。


日焼け止めで男が女性用を使うのはあり?

男が女性用の日焼け止めを使うことに関しては
問題ないと思います。
男性用はまだあまり種類がありませんが
女性用はたくさんありますので製品が合えば
女性用を使っても問題ありません。

日焼け止めの中には良いにおいがするものがありますが
香水ほど強いにおいはしませんのであまりわからないか
コロンを使っているぐらいにしか感じられません。

日焼け止めの女性用は何が違う?

女性用の日焼け止めですが
化粧をしたり美容に対する効果があるものなど
主に女性がターゲットとして作られているだけです。

化粧下地効果があったり、化粧崩れやテカリ起こす元の
皮脂を防いだりするような効果のあるものがあったりします。

男が使っても特に問題なものはありません。

においがするものがあるので選ぶときには自分の肌や
使用用途に合ったものを選んでください。

日常的に使うときはSPF20のもので
海に行くときはSPF50のものなどです。

SPFは高ければ高いほど紫外線に対する防御率が上がり効果が上がりますが
肌にも高い負荷がかかりますので使用用途によって分けることが大切です。


日焼け止めの女性用を落とす方法は?

日焼け止めの注意書きを読むと書いてありますので読んでください。

効果の高い日焼け止めの場合は専用のクレンジング剤で落とします。
クレンジングを日焼け止めになじませてからクレンジングを落とします。
その後洗顔をしてください。

効果の低い日焼け止めはの時は洗顔フォームで洗い流すだけです。

落とすときにゴシゴシこすらずになじませるようにしてから洗い流しましょう。

日没後は、帰ったらすぐに日焼け止めを落とすのが
理想的ですので日没後はすぐに落とすと思えば良いです。

まとめ

日焼け止めも肌によっては合う合わないがありますので
自分の肌と用途に合ったものを選んでください。

SPFが高いほど肌に対する負荷も上がりますので
SPFが高い方が効果が良いからいつも同じではなく
用途によって分けてください。

また説明書はしっかり読んで適切に使ってください。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card