夏野菜カレーの具材はなにを入れる?こどもには?

夏になると食べたくなる夏野菜カレーですが、
どんな具材を使っているのでしょうか?

作る人によって具材もかわる夏野菜カレーについて
今回は書いていきます。


夏野菜カレーの具材はなにを入れる?

まず外せないのが名前通りの野菜類ですが、定番はなすですね。

また、トマトやズッキーニ、ピーマンやニンジンが野菜の具材としてはよく使われています。
ブロッコリーやサヤエンドウやかぼちゃも合います。

なす、かぼちゃ、ピーマンは素揚げにしてみるのも良いですね。

間違ってもすべて一緒に煮込まないようにして下さいね。
存在感が強い野菜類なので、トッピングする形にすると見ためも良くなります。

では夏野菜カレーにあう肉類は何でしょうか?
誰でもいけるのは牛肉ですね。

豚肉や鶏肉も好きな人にはピッタリなので、好みの肉を入れるのがベストです。
また、合挽きミンチを使うのもおいしくていいですね。

肉の代わりにシーチキンやシーフードミックスを使う方法もあります。

カレーのルーだけでなくライスの方も工夫すると同じ物でもおいしくなりますよ。


こどもにはなにをつかう?

こどもは好き嫌いがあったりしますが
カレーになると嫌いな野菜でもカレーがうまくごまかしてくれるので食べられる場合が多いです。
ですので、普段は嫌いで食べられない野菜を食べさせてみるのも良い手です。

ですが、嫌いな物はなかなか直らないので無理はさせないことが大事です。

肉にミンチを使うと普通の肉より存在感がなくなるので
野菜で存在感をだして野菜を食べるカレーにして見ると
普段は嫌いな野菜が食べられるようになるかもしれません。

まとめ

夏野菜全般を使って素揚げして、
トッピングするようにし、肉はミンチを使うとこどもも喜びますよ。

みんなでおしいく頂きたいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card