正しい熱中症対策の方法 水分補給編

毎年、夏になると熱中症により倒れる人が続出していますが
防ぐためには水分補給をする事が大事だとよく言われます。

水分補給は飲み物をただ飲めば良いだけではありません。

熱中症を防ぐためにどんな飲み物をどのように飲んだら良いのかなど
水分補給について今回は書いていきます。


熱中症はどうしてなるのか?

真夏で炎天下の日にエアコンの効いている部屋から建物の外にでると、
外の気温の高さと太陽の熱でどんどん体温が上がります。

体温が上がると体温が上がりすぎいてるから
下げろという指示が出され、汗をだして気化熱として
体内の熱を逃がします。

この状態が長く続くと、次第に体内の水分が減り
体液のバランスが崩れていきます。

それが筋肉や血流、神経など身体に影響をおよぼすと、
けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった
熱中症の症状が現れます。

防ぐには?

防ぐためには減っている水分を補給して
体液のバランスを戻すことが大事です。

汗としてでていく水分には塩分も含まれているので
塩分と水分の両方を補給する必要があります。

実際に飲み物として飲む場合にはスポーツドリンクが最も効率的に
水分補給できます。


良くない方法

熱中症を防ぐためには水分補給は一番大事な事ですが
体内の水分が減ったり、運動前でこれから減る場合に重要になります。

逆にエアコンの効いた部屋で普段通り少しずつ飲み、
意識して水分補給する必要はありません。

たくさん飲んでしまうと水分が全身の皮膚を覆うように溜まって
エアコンによって冷やされて、膜のように体を
コーティングする形ようになってしまい
結果的に熱を逃がすことができなくなり熱中症になってしまいます。

お茶やコーヒー、紅茶なども水分補給するには向いていません。

普段のエアコンの効いた部屋で飲むには良いですが、
運動した後に水分補給として飲むにはよくありません。

お茶やコーヒー、紅茶などにはカフェインが含まれています。
カフェインは利尿作用があるので、飲めばトイレに行って
尿として水分を排出してしまうので水分補給としてはよくありません。

また、カフェインは摂取量が決まっており、
取り過ぎると死亡することもあります。
実際に、1日にエナジードリンク2缶カフェイン計480mgを
飲んだ14歳の少女が死亡する事故がありました。

カフェインの致死量は代謝機能や持病などによって
個人差がありますので規定より多くても大丈夫な人もいたり、
少なくても死亡する人もいますので注意して下さい。

他にも汗をたくさんかいていないのに
スポーツドリンクをたくさん飲むのもよくありません。

スポーツドリンクには糖分が含まれており、
汗などで水分を失わないうちに短時間にたくさん取り過ぎると
ペットボトル症候群といわれる急性の糖尿病になってしまうことがあります。

まとめ

熱中症対策として水分補給するときは
飲み物や状況に応じて頻度を適切に変える必要があります。

限度を超えると別の病気になったりしますので
十分注意して水分補給してください。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card