熱中症で犬の対策は?散歩は?もしなってしまったら?

気温が上がって暑くなる夏ですが
特に猛暑日は熱中症に注意しなければいけません。
人だけでなく犬も熱中症に注意する必要があります。

夏に暑いのは人だけでなく犬も暑いです。

暑いまま放置していると犬も熱中症になります。
さらに放置すると生き物ですから当然死んでしまいます。

実際にペットホテルに預けて、熱中症で死んでいるケースがありました。

犬も暑いと思えば自発的に涼しいところ陰に移動したり、
水を飲んだりします。

ですが、飼い主がきちんと対策をしないと
どうにもにもならないこともあります。
今回は、犬の熱中症について書いて行きます。


熱中症で犬の対策は?

つながれている場所から移動できる範囲に
日陰がないと暑いですよね。

サンシェードやつる性の植物を植えるなどして日陰を作って下さい。
この時、風通しが良く熱がこもらないスペースにすることが大事です。

風が通らずに熱がこもるようなところに
日陰を作ってもあまり意味はありません。

人がここなら休憩できると思えるようであれば良いでしょう。

そして、いつも新鮮な水が飲めるようにして下さい。

水遊びが好きな場合はたらいなどに水を入れておくと
自発的に水遊びしたり浸かったりしますよ。

室内犬の場合はエアコンを使って涼しい環境にして
ケージは直射日光を避けて設置して下さい。

老犬や仔犬、療養中で体力が落ちている犬は特に猛暑日には
凍ったペットボトルを布に包んで枕にしたり、
アルミプレートやアイスジェルマットなどでして過ごしやすいように
することが大事です。

夏は雷が発生しやすく、停電する可能性もあるので
長時間いない場合は不測の事態も対応できる方法を考える必要があります。

散歩は?

散歩するときは、朝や夕方など
日差しが強くない時間帯にするのがオススメです。
日中は日差しにより路面の温度が高く、照り返しによる熱があり、
路面に近ければ近いほど体感温度が上がり、暑くなります。

一例として、5月中旬午後3時の気温を例に挙げます。

陽の当たらない日陰の温度:27℃。
陽の当たるアスファルト道路に立った場合。

人間の頭の高さ約150cm:31℃
大型犬の頭の高さ約70cm:33℃
小型犬の頭の高さ約30cm:37℃
同じ場所で計測したアスファルト路面の温度:46℃

上記のように人と小型犬とでは体感温度に6℃の差があり、
路面はプラス9℃の熱さになります。

人は靴や服があるのでわかりにくいですが路面近くはかなり熱くなっています。
日中の散歩はさけて、やむえず日中に外出するときは
路面を歩かせないようにカートなどを使うか、
専用の靴を履かせるなどの対策が必要です。

カートなどを使う場合はアイスジェルマットを敷くとより快適に移動できます。
水分補給もすぐできるようにして下さい。


もしなってしまったら?

万が一、熱中症になってしまったときは急いで緊急処置をしないといけません。

まず体を冷やします。
体を冷やさないまま病院へ行くのは
症状を悪化させるので非常に危険です。

全身に水をかけて、意識があって
水が飲めるようであれば好きなだけ飲ませて下さい。
そして、氷や保冷剤などを頭部と
動脈のある頸部、わき、そけい部にあて冷やします。
この間に獣医さんに連絡をとり、指示に従いましょう。

回復が早くても、内蔵にダメージがある場合もありますので診察を受けて下さい。

まとめ

人が暑いと感じれば犬も暑いです。

犬もしっかりと熱中症対策をしていれば
安心して夏を過ごせます。

逆に対策を怠ると死亡することもありますので
しっかりと対策をすることが大事です。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card