夏風邪で赤ちゃんの予防方法は?

暑い夏は汗もでるし、最近では猛暑日も多く
エアコンを使っている人も多くなりました。

そんな夏になる風邪が夏風邪ですが
赤ちゃんの場合はどのようにして
夏風邪を予防したら良いでしょうか?


夏風邪で赤ちゃんの予防方法は?

夏風邪にはウイルス性とそうではない普通の風邪があります。

ウイルス性の場合は感染元を絶てば問題ありません。
帰宅したら手洗いとうがいをしっかりすることです。

それ以外の普通の風邪は油断していると風邪になってしまいます。

エアコンをつけないでいる場合は汗をかいてしまいます。
汗をかいたまま服を変えないでいると風邪になってしまいます。

頻繁に服を変えられる場合は良いですが
変えられない場合はエアコンをつけましょう。

つけるといってもがんがんに冷やす必要はありません。
28度ぐらいになっていれば良いのです。

ちなみに病院では27℃にセットされています。

エアコンがあると、汗をかかないので
成長には良くないといわれることもありますが
24時間ずっとエアコンのある場所に
いるわけではないですよね。

外出すれば必ず汗はかきます。
ですので汗は外でかくようにして
帰宅したら服を変えてシャワーで身体洗えばいいのです。

エアコンがないと頻繁に服を変えたり
身体を洗ったりする必要が出てしまいます。

赤ちゃんには汗による体温調節が不十分なので
汗をかいてるから温度が高くても我慢できるということはありません。

やたら汗をかいてしまうと風邪を引く可能性が出てきますので
細かく調整しましょう。



喉が乾燥することがあるので夜に寝るときは
エアコンのタイマーをセットしておきましょう。

エアコンの風は直接当たらないように1度は
赤ちゃんの寝ているところを実際に確認してみて下さいね。
実は当たっていたなんてこともあります。

また扇風機で直接当てずに風のながれを作ると
少しだけ涼しく感じられます。

夏風邪ウイルスは高温多湿を好みます。
エアコンは湿度と温度を管理しやすいので
ウイルス性の夏風邪も予防しやすくなります。

日中に窓を開けて空気の入れ換えも大事です。
ずっと締め切っていては空気も汚れますので
空気の入れ換えも必要ですから適度に空気の入れ換えをしてください。

もし夏風邪になったら病院で診断して貰って下さい。
素人判断は危険です。

また、夏風邪は長引きやすいですが症状がおかしいと思ったら
他の病院に行って診察して貰うことも検討して下さい。

病気の間は赤ちゃんの状態を経過記録のようにメモすると
勉強になったり医者に診せるときの資料になります。

まとめ

赤ちゃんはいろいろと気を使うことも多いですが
しっかりと対策していれば問題はありません。

対策するときはいろいろと確認してから行って下さいね。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card