ポータブルカーナビの取り付け方は?

車にあると便利なカーナビですが
最近は数万円でかえる取り外し可能な
性能のよいポーダブルナビがいろいろあります。

今回はポーダブルナビについて書いてきます。


ポータブルカーナビの取り付け方は?

基本的な取付方法は取付金具とダッシュボードを固定する方法や
吸盤タイプのアームでナビを支えてアーム自体は
フロントガラスに取り付ける方法、
そして吸盤タイプのアームでフロントガラスに固定しつつ
ダッシュボードに底面をつけて固定する方法などあります。

一番簡単な方法は取付金具をナビにつけて
ダッシュボードと金具を両面テープで取り付ける方法です。
簡単ですが両面テープの粘着力が弱いと外れてナビの破損につながります。

次に簡単なのが吸盤タイプのアームでフロントガラスに取り付ける方法です。

向きはアームで調整できるタイプだと簡単に向きを変えられますが
何度も使っていると振動で下に下がるようになります。

そこで下に下がることを防止するために
ナビの底面がダッシュボードに付くようにアームの固定場所を調整してから
ナビの底面にスポンジなどをいれてナビをつけると下に下がることはなくなります。

配線面はポーダブルの場合は電源とアンテナぐらいだと思います。
電源はシガーソケットからとるのが一番簡単です。

オーディオを取り付けたりできるのでしたら
電源をヒューズボックスから取り出して増設用シガーソケットとつないで
フロアマットなどで隠す方法もあります。

走行中に操作するには

パーキングブレーキ線がある場合はパーキングブレーキ線を
アースに落とします。

これでダメな場合は通電によって判定している場合もありますので電源につなぐ場合もあります。

機種によって違います。

まとめ

車に固定する方法はいろいろありますが
綺麗にしたい場合は配線も含めて
固定方法をしっかりと考える必要があります。

取り付ける車種や見やすさや、操作のしやすさ、取り外しをする場合はそのあたりも考えて
取り付けることが必要ですのでここで書いてある方法はあくまで例となります。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card