停電後インターネットにつながらない!復旧方法は?壊れた?

夏はよく雷が発生して停電が起こりやすくなります。
また、エアコンをよく使いますし、ブレーカーが落ちやすくなります。

今回は停電したあとにインターネットに繋ごうとしても
繋がらない事について書いて行きます。

停電でパソコンは壊れる?ダメージは?対策方法


停電後インターネットにつながらない!

停電するとインターネットに繋がらなくなることがあります。
これは光電話などモデムやルーターなど2つ以上の通信機器が
回線に繋がっていると起こりやすいです。

停電時に全機器が停止しますが、停電自体はさほど問題ではありません。
問題なのは、停電が復旧して電力が戻るときです。
電力が戻るとすべての機器が同時に起動し始めます。

このとき、一番回線側に近い機器である光終端装置などの
モデムよりもルーターが先に起動完了になってしまうと
ルーターに繋がっているモデムはまだ起動途中なので通信ができません。
そうなるとルーターは回線異常などのエラーとして判断してしまいます。

ルーターがエラーになった後モデムが起動しても、ルーターはエラーのまま通信できません。

ではどうすれば復旧できるのでしょうか?

復旧方法は?

復旧方法は簡単です。
まず、モデムやルーターなどの通信機器すべての電源を切ります。
電源を切ってから1分ほどして、
回線側に一番近い光終端装置やモデムから電源を入れます。

次にルーターの電源を入れます。

このように回線側に一番近い機器から順番に電源を入れることで
確実に回線側からの機器が起動するのでルーターがエラーになることはなく、
インターネットに繋がるようになります。

しかし、これでも直らないケースがあります。


壊れた?

雷がひどく、停電すると近くの電力線や
回線から異常な電力が流れたりする場合があります。

この時にケーブルがモデムやルーターに繋がっていると
機器に異常な電力が流れて壊れる原因になります。

このようなことはまれにしか起こりませんが、
防ぐには物理的に回線などのケーブルを切断するしかなく
基本的には防ぐことはあきらめた方が良いです。

不安な場合は雷が発生する度にする事になるので手間になりますが
光終端装置などのモデムではなく、
ルーターとモデムを繋いでいるケーブルと電源を外すことで
ルーターを保護することは可能です。

光終端装置やモデムは壊れても回線業者に連絡すると変わりのモデムを送ってくれます。



まとめ

停電が発生してインターネットに繋がらないときは
すべての通信機器を一度電源を切り1分たってから
回線側に近い機器から順番に電源を入れいてくことで繋がります。
これでダメな場合はどれかの機器が故障している可能性が高いので
回線業者に連絡をしてください。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card