黒い砂漠で漁船の作り方は?材料は?修理できる?

黒い砂漠では海があり、
島々にも拠点があり、発見するには船が必要です。

今回は現在実装されている船で一番大きい漁船の作り方を書いて行きます。


黒い砂漠で漁船の作り方は?

船はハウジングの造船所で作りますが
漁船は造船所の2段階目で製作できます。

2段階にできる造船所はエフェリア港町とイリア島にありますが、
今回はエフェリア港町で漁船を作ります。

エフェリア港町で造船所はエフェリア3-5番地2階にありますので、
エフェリア3-1番地から3-2、3-3、3-4、3-5と1階部分を使えるようにします。
そして、3-5番地の2階を造船所にすると製作が実行できます。

3-1番地から3-5番地2階までの必要貢献度は12必要です。

これは造船所を作るためだけですので、作業の効率を上げるため、
労働者を雇うための宿泊施設は入っていません。

エフェリア港町の生産施設リストはこちら

それでは必要な材料を見て行きましょう。

材料は?

漁船を製作するのに必要な材料は次の通りです。

丸太 30個
シラカバ板 82個
溶けた錫の欠片 28個
マツの木樹液 10個
ブラックストーン粉末 30個

材料の入手方法ですが、丸太はどの木でも切ると入手できます。
シラカバ板はシラカバの原木を加工の薪割りをすることで板になります。
溶けた錫の欠片は、錫鉱石を加工の加熱をすることで欠片になります。
マツの木樹液は樹液採取道具で、マツの木から入手できます。
ブラックストーン粉末は、粗石を精製所で労働者に加工してもらうと出来ます。



この中で大変なのはシラカバ板をそろえる事かもしれません。
板は原木5から板1が作れるので410個のシラカバの原木が必要です。

また、欠片は鉱石5から1の欠片になりますし、
ブラックストーン粉末は粗石2個が1個のブラックストーン粉末になります。

加工前の素材ですと次の数が必要です。
シラカバの原木 410個
錫鉱石 140個
粗石 60個

数が多いので材料の確保は労働者にやってもらうのが良いでしょう。
労働者に集めてもらう場所は
シラカバの原木はカルフェオン地方だと
旧ダンデリオンとブリの木遺跡で集められます。

錫鉱石はクルト洞窟です。

拠点の場所はこちら

丸太やマツの木樹液、粗石は直接採取して下さい。

お金に余裕があれば材料を購入するのも良いですね。

材料はすべて揃わなくても製作を始められますので
1人の労働者で1項目ずつ進めても良いですし、
大量の労働者で材料を確保しつつ、
5項目すべて労働者を割り当てても良いです。

製作スピードは労働者の能力に左右されますが
私の場合は、1個の材料を使うのに24分ほどかかりましたので
かなりの時間がかかると思った方が良いです。

修理できる?

残念ながら現在では修理不可能ですので使い捨てです。

貿易や生産などで元手をある程度稼いだら
造船屋をしない限り、自分で作るより買った方が早いと思います。

まとめ

漁船はイリア島、エフェリア港町の造船所を2段階にすることで作れます。
材料も大量に必要な上、時間もかかりますので生産が好きでない場合は
買った方が良いと思います。


2 Responses to “黒い砂漠で漁船の作り方は?材料は?修理できる?”

  1. 匿名 より:

    イリヤ島でも漁船作れますよ

コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card