赤ちゃんとクリスマスの過ごし方 思い出を残そう 注意点は?

始めて赤ちゃんと過ごすクリスマスは
普段と違ってどうしたら良いのかな?と思うでしょう。

今回は赤ちゃんとクリスマスの過ごし方について書いていきます。


赤ちゃんとクリスマスの過ごし方

赤ちゃんにとってまだクリスマスについて認識することはできませんが
親にとっては初めて赤ちゃんと過ごすクリスマスは特別なことです。

クリスマスパーティーのような大げさなことはする必要はなくても
普段とは違うケーキやチキンを用意してクリスマスツリーを置いて
少しだけ飾りをしてクリスマス会のような雰囲気にしてから写真を撮ることで
毎年、家族仲良く過ごせる日が作れます。

今は認識はできないけど赤ちゃんが成長して認識できるようになった頃に
赤ちゃんの頃のクリスマスを過ごしている写真やプレゼントで送った
絵本などがあれば成長した赤ちゃんにとって愛情が伝わる1つの思い出として
記憶に残ることでしょう。

また、食事中はテレビではなくクリスマスソングを流して食べると親も特別感が味わえます。
写真以外にもビデオに残すのも良いですね。


赤ちゃんとクリスマスの思い出を残そう

思い出に残す手段としては写真が一番ですが
先ほども写真を取りましょうと書きました。

ですが、思い出の1枚として残すためにもう一工夫して
イルミネーションの綺麗な場所など外で取るというのも
思い出に残る1枚になるのではないでしょうか?

イルミネーションもないし良い所が近くにない場合は
写真館でプロにクリスマスの家族写真を撮ってもらうのも良いですね。

赤ちゃんとクリスマスの過ごし方で注意点は?

赤ちゃんとクリスマスを過ごす時も普段通り赤ちゃん優先で過ごすことが大事です。
この日は気が緩んでしまうかもしれませんが
万が一にも赤ちゃんに何かあれば嫌な思い出として記憶に残りますので
外出は短時間にして、いつも通り赤ちゃんを優先してあげて下さい。
飾り付けなど普段使わないものとかがあるので飾り付けや片付けはしっかりとおこなって下さい。

まとめ

今の赤ちゃんとクリスマスを過ごす機会は1度しか訪れません。
0歳から1歳では体も大きくなるので成長の思い出として残す大事な機会です。

初めてのクリスマスで思い出に残せるクリスマスにすることで
毎年クリスマスを楽しく過ごせるようになりますので
ぜひチャレンジしてみて下さい。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card