夏風邪で大人の症状は?予防方法は?

前回の記事では子供の夏風邪について書きました。

夏風邪で子供は長引く?予防方法は?

子供の世話をしていると
大人でもヘルパンギーナなどの夏風邪なります。

今回は大人の夏風邪について書いていきます。


夏風邪で大人のは症状は?

子供が夏風邪にかかると大人もかかる可能性があります。

夏風邪のヘルパンギーナは接触感染やせきなどによる飛沫感染、
便などおむつ交換のときに感染します。

特に夏バテなどで体力が低下しているとかかりやすくなります。

ヘルパンギーナは毎年6月から8月にかけて流行し、
突然、38度以上の高熱が出てのどやその周辺に水ぶくれのような物ができて
それが破れて潰瘍になり痛みます。

薬を使わなくても2~4日程度で熱は下がり、水泡も1週間くらいで治りますが
水を飲むだけでも痛むので脱水症状を防ぐため痛くても我慢して
水分補給する必要があります。

また、大人の場合は39度以上の高熱続くなど重症化するケースが多いです。

夏風邪の予防方法は?

大人の予防ですが
子供が夏風邪になっていると特になりやすいので
注意することが重要です。

子供が感染したときは共用のタオルを使わないようにしたり
空気中に浮遊するウイルスが鼻や喉の粘膜などに付着することでうつるので
マスクをするなど対策をすることが大事です。

症状が強く出ているときが最もうつりやすいですが、
回復期でも2~4週間は便からウイルスが検出されることもあるので
おむつをしている乳児がかかったときは便の処理にも注意が必要です。

また、ウイルスはいくつもの種類があるので
一度かかった人でも何度でもかかるため子供が感染したら
常に注意して下さい。

夏バテも体力低下によって感染の可能性が上がるので
普段の体調管理も重要です。

まとめ

夏風邪は子供だけでなく大人もかかりますので
子供が掛かっている場合は特に注意して下さい。

大人がかかると重症化しやすので予防することが大事です。


コメントを残す

このページの先頭へ

QR Code Business Card